The Story

Sri Anjaneya

AYT大阪のシャラには、勇気、強さ、純粋さ、そして賢明さを象徴する、聖アンジャネーヤの像が安置されています。私たちの家となる場所に、守護と繁栄をもたらしてくれます。とりわけ、素晴らしい謙虚さと聖ラーマへの献身を私たちに思い起こさせ、また、イーシュワラプラニダーナという、高次の原理に身を委ねることが、私たちをまっすぐにヨガの状態へと導いてくれることを、日々思い出させてくれます。

AYT Osaka has Śrī Āñjaneya’s presence at the Shala representing courage, strength, purity and wisdom; His presence in our home brings protection and prosperity. Above all of these however, he reminds us of his great humility and devotion to Śrī Rāma, and is a daily reminder that surrender to the higher principle of Īśvarapraṇidhāna, can lead us directly to the state of yoga.

IMG_2618_edited.jpg

聖アンジャネーヤについての詳細

聖アンジャネーヤ(ハヌマンとしても知られる)は、叙事詩ラーマーヤナに記されているヴィシュヌの化身、聖ラーマの最も偉大な信者です。神の求めに応じて、恐ろしい悪魔ラーヴァナから世界を救うために、ヴィシュヌは、ラーマとして地上に姿を現しました。このお話の中で、ラーマの妻シータが、森の棲み家から、ラーヴァナによって連れ去られ、残されたラーマは彼女を見つけることができずにいました。そこにアンジャネーヤが現れ、ラーマの信者になります。アンジャネーヤは、自分のずば抜けた潜在能力に気づいていませんでしたが、ラーマによってそれに気づかされます。そこで彼は、多くの超人的な行いをして、シータを見つけ出し、その後、ラーマがラーヴァナを倒し、シータを救い出す手助けをします。私たちの心は猿のそれのように、1つの場所から次の場所へと飛びまわり、制御することができません。アンジャネーヤは、どうすれば、私たちのこの猿のような心をつなぎとめ、献身的な行いを通して、潜在能力を十分に発揮できるようになるかを示してくれています。

More about Śrī Āñjaneya

Śrī Āñjaneya (also known as Hanumān) is the greatest devotee of Śrī Rāma, the incarnation of Viṣṇu who’s life is recorded in the epic Rāmāyana. At the request of the Gods Viṣṇu incarnates on earth as Rāma in order to save the world from the terrible demon Rāvana. During the story Rāma’s wife Sītā is abducted by Rāvaṇa from their forest dwelling, leaving Rāma unable to locate her. Āñjaneya appears and becomes Rāma’s devotee. Āñjaneya’s does not know his own enormous potential but becomes aware of it when reminded by Rāma. At this point he performs many super human acts and is able to find Sītā, subsequently helping Rāma defeat Rāvana and rescue Sītā. Our minds, like those of a monkeys, jump from one place to another and are unable to be brought under control. Āñjaneya, shows how we can harness the monkey mind and reach our full potential through the act of devotion.

20210923_072209_edited.jpg